• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   くらしの広場   >   健康   >   生理の出血量が多い原因【これって婦人病のサイン!?】

生理の出血量が多い原因【これって婦人病のサイン!?】

生理の出血量が多い原因【これって婦人病のサイン!?】

2017/3/13 品川寿弥(都立大レディースクリニック)

「日常生活で感じるちょっとした症状から、婦人科系の病気の可能性を探る〈これって婦人病のサイン!?〉のコーナー。

今回は、生理の出血量(経血)が増える原因や注意が必要な経血量の目安、考えられる病気について、都立レディースクリニックの品川寿弥先生にお聞きしました。

最近「多いな……」と感じている人はぜひチェックしてくださいね。

昼でも夜用ナプキンを使うのであれば過多月経

経血量が異常に多い状態を「過多月経」、反対に、異常に少ない状態を「過少月経」と言います。しかし、経血量については明確な客観的基準はありません。人と比べることもできないため自己判断も難しいですよね。
患者さんには、次のような症状がみられたら、過多月経の判断の目安としてくださいと伝えています。

・うめぼし大の血液のかたまりが混じっている
・夜用ナプキンを昼間でも使う必要がある
・夜は2回くらい夜用ナプキンを替えている

また、過多月経が続くと貧血になることがあり、顔色不良、めまい、息切れなどの症状が現れます。

原因が子宮にある場合は、病気発症とともに症状が現れ、その進行にともない出血量が増えていくことがあるので、前月より血量が多い場合も一つの目安になります。また、出血だけでなく、生理痛が以前よりも激しくなり、鎮痛剤が増えたり、寝込むほどの場合は子宮系の疾患を疑ったほうが良いでしょう。

過多月経の主な原因は子宮内膜症、子宮筋腫

過多月経は大きく2種類にわけられます。

1.機能性過多月経
通常の身体調節機構が失調して起こる、ホルモンバランスの崩れが原因によるもの

2.器質性過多月経
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜ポリープ、子宮腺筋症など、主に子宮の病気が原因によるもの

一方、過少月経にも器質性と機能性によるものがありますが、その多くが機能性が原因です。女性ホルモンの分泌不全によるものや排卵障害、黄体機能不全が考えられ、いずれも妊娠の妨げになります。

過多月経の治療法はいろいろ。はやいほど選択の幅も広がる

機能性過多月経であれば、ホルモン剤や排卵誘発剤、ピルなどの薬物療法を行います。

<機能性過多月経の主な治療法>
偽閉経療法…薬を服用し、一時的に生理をなくす
低容量ピル・超低容量ピル…子宮内膜を退縮させ、月経血量を減らす
子宮内薬物付加リングを使った治療法…子宮内リング(ミレーナ)を子宮に挿入する
マイクロアブレーション手術…子宮内膜を熱で凝固させ経血を減らします。(妊娠を希望される方には適しません)

実は近年、過多月経の治療法はめざましく進展し、新しい治療法がつぎつぎ出てきています。はやければはやいほど、自身の希望に合った治療法を選択することも可能になります。

いずれにしても、経血量が多い気がする、生理の周期や期間、月経痛などに不安を感じる場合は、はやめに健診、もしくは受診してください。

特に妊娠を希望されているのであれば、なおさらです。

品川先生より まとめ

ホルモンバランスの乱れで起こる機能性過多月経は、ホルモン剤や排卵誘発剤、ピルなどの薬物療法で対処できます。しかし、子宮内膜症、子宮筋腫など子宮の病気が原因で起こる器質性過多月経の場合は、適切な治療が必要です。はやめに受診しましょう。

[無料]気軽にご相談ください
お話を伺った先生のご紹介
品川寿弥先生(都立大レディースクリニック) 東京都出身。埼玉医科大学医学部卒。

聖路加国際病院産婦人科、日本医科大学付属病院産婦人科を経て、2003年横浜赤十字病院産婦人科副部長、05年日本医科大学付属病院産婦人科医局長、非常勤講師。12年より都立墨東病院産婦人科部長、14年より都立広尾病院産婦人科部長。16年9月、都立レディースクリニックを開業。地域のかかりつけ医として生理に関する悩みから更年期障害まで幅広く診療。最新の医療器材を揃えながらも清潔であたたかいクリニックを目指している。

 

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア