着床しない、不妊の悩みなら大豆イソフラボンの効果に期待 - 不妊・妊娠・出産・育児 - 女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』

お知らせ・イベント・特集

着床しない、不妊の悩みなら大豆イソフラボンの効果に期待

一覧に戻る

着床しやすい方法とは

当院でアグリコン型大豆イソフラボンのサプリメントを使用している方は「今まで一度も妊娠した事がない」、という方々だけですから、この結果は良好であると考えています。

2011年12月、アグリコン型大豆イソフラボンに、受精卵の着床に不可欠なサイトカインの分泌を高める作用があるとする研究成果が発表されました。
そこで、その研究に携わった臼田三郎先生に大豆イソフラボンと着床のこと、先生が考える不妊治療についてお伺いしました。

アグリコン型イソフラボンをお薦めする方

特に、このような患者さまにお薦めするという特徴は(年齢、治療歴、原因)ありますか?

当院としては以下に当てはまる方にのみおすすめしています。

◎同じ時期に複数採取した卵子を体外受精させ、良好な凍結胚を子宮に戻したのにも関わらず、2回、3回と妊娠が成立しなかった方。

◎その際、子宮環境に問題がない事が確認できた方。(超音波では分からない、筋腫やポリープが無いか子宮鏡で確認します)

つまり、基本的なデータ上は何も悪くないのに妊娠しないという方にお薦めします。

◎160名の患者様を対象・子宮環境に問題がないことを確認アグリコン型大豆イソフラボンを使用その方たちに、同時期の良好凍結胚を子宮に戻す。⇒19名が臨床妊娠そのうち20名は使い始めですから、実質140名に対して19名難治性不妊の方に+15%の妊娠率今まで何度も治療を繰り返しても妊娠できなかった方に対する結果ですから評価できるのではないでしょうか?

着床しない、不妊の悩みなら大豆イソフラボンの効果に期待

正しい情報を選択してほしい

潘:

治療期間とか体外受精の回数はどうでしょうか?

臼田:

複数の病院で5年以上の治療を続けられて、5回以上の体外受精を経験されている方も複数いらっしゃいます。
ただし、着床が成立する過程においては、いくつかのサイトカイン(体内物質)が必要です。LIFはその中の一つで着床を促すためには重要な成分ですが、万能なものではないですし、これだけあげればよいというものではありません。

松村:

年齢は関係なくということでしょうか?

臼田:

そうですね。年齢は関係ありません。また大豆イソフラボンを評価した点は、1回の体外受精の際に受精卵を複数個作り、その受精卵で2回、3回と妊娠が成立しなかった方に大豆イソフラボンを使っていただいたところ、1回目で妊娠ができたことです。

要するに、採卵の時期や受精卵の保管状態など条件が異なると評価も難しいですが、全く同じ時期の受精卵で成果が出ているというのは大きいと思います。

ただし、大豆イソフラボンを使っていただいている方の約半分が40代になってきているので、妊娠率が30%、40%と劇的に高くなるということは難しいと思います。

松村:

それでも1回も妊娠したことのない、高齢の方にとっては希望の光ということが言えるかもしれませんね。

臼田:

そういうことは言えるかも知れません。最近は、皆さん良く勉強されていて、エビデンスへのこだわりも強い。だからこそ、勧める側も根拠のないものは扱えません。きちんとエビデンスにそって説明していくと、「これで着床の因子を上げられる可能性があるなら・・・頑張ります!」と、おっしゃってくださる方は多いですね。

もちろん、これが万能ではないということもちゃんと理解をされています。

不妊治療に対して正しい知識をもたないと、さまざまな情報に振り回されたり、ちょっとしたことで不安になったりと混乱のもとです。難しいことですが、皆さんには正しい情報を選択できるようになっていただきたいと思います。

前のページ

2/3

次のページ

■ ながいきや本舗おすすめコラム ■

温熱療法により胚のクオリティが改善!
 

サンマットのご紹介
 

サンマット体験者様インタビュー
 

 

一覧に戻る

  • マイページ
  • メニュー
  • 検索
  • ジネコSHOP