• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   その他医療の広場   >   多嚢胞性卵巣症候群は薬が効きにくいのでしょうか?

多嚢胞性卵巣症候群は薬が効きにくいのでしょうか?

多嚢胞性卵巣症候群は薬が効きにくいのでしょうか?

佐藤 雄一 先生(高崎ARTクリニック)

相談者:やんさん(31歳)

クロミッド®が効きません

不妊治療を始めました。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断されました。1周期目はクロミッド®を1日2錠服用。卵胞が4つ育ちましたが、妊娠に至りませんでした。2周期目もクロミッド®を1日2錠服用。前回と同じ時期に受診しましたが卵胞は育っておらず、その日にHMG注射を打ち3日後に受診。しかし卵胞は育っておらず、またHMG注射を打ちました。次は3日後に受診予定です。クロミッド®とHMG注射をしても効かない時は、次の周期で同じことをしても効かないのでしょうか? 次は効くことはありますか? 1周期目は卵胞が育ったのに落ち込んでいます。20歳から生理不順のため10年間ピルを服用。身長158㎝、体重41㎏です。

 

やんさんはクロミッド®が効きにくい体質なのでしょうか?

周期目はきちんと卵胞が育ったということなので、薬が効きにくい体質ではないと思います。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は卵胞が排卵できる大きさに育たない状態のことで、肥満型の女性に多いのですが、この方のような痩せ型の女性にもみられます。

PCOSの疾患がベースにあって痩せ型で生理不順の体質の場合、薬の効き具合が体調によって大きく左右されることがあります。薬を使っても卵胞が成長しないのは、頭からのホルモン分泌指令がうまくいかないのかもしれません。その周期の体調が影響した可能性が考えられます。

薬の効きについては、心配しなくていいですか。

はい、不安になる必要はないと思います。

医師としては、この方の食事や生活習慣はどうだったのかが気になります。ダイエットや日々の忙しさで栄養が偏ってしまったのか、強いストレスがあって体調を崩していたのか…。そういう時に薬や注射をたくさん使っても、卵巣は反応せず卵胞が成長しないことも多いんです。

ですから、体調を良くすることで、次は同じ薬が効く可能性はあると思います。

今の治療薬をどのくらい続けるといいですか。

一般的には5~6周期と言われていますが、最近は3~4周期行って結果が出なければ、別の治療薬を検討することも多いです。

現在、レトロゾールという新しいタイプの薬がありますので、それを試してみるのもいいでしょう。

その薬の特徴を教えてください。

レトロゾールは多胎妊娠のリスクが低いと言われている薬です。

PCOSは、排卵できない卵胞がいくつも卵巣にたまっている状態です。薬を使うと、いくつもある卵胞が一気に育ち、その分、多胎妊娠のリスクも高まります。レトロゾールはクロミッド®より、少ない数の卵胞を育てるメカニズムをもっています。

ただ、PCOSでも不妊治療の第一選択薬は、保険適用になるクロミッドⓇが主流です。レトロゾールは保険適用外の薬になるため、医師とよく相談してから使用してください。治療費もやや高額になります。

今後のアドバイスをお願いします。

繰り返しになりますが、体調によって薬効が出ない周期もあります。極端なダイエットやストレスは卵巣のはたらきを悪くするので、正しい生活習慣を心がけてください。

そして不妊の治療中は精神的なストレスも強くなりがちです。主治医の先生と信頼関係をつくりながら、リラックスして前向きに治療をしてほしいと思います。

佐藤先生より まとめ

●やんさんの体調によって、薬が効かない周期も。
●1周期目は薬が効いたので、次に効く可能性はあります。

 


[無料]気軽にご相談ください

 

お話を伺った先生のご紹介

佐藤 雄一 先生(高崎ARTクリニック)

医学博士・産婦人科専門医・日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医・日本生殖医学会生殖医療専門医。佐藤病院院長・高崎ARTクリニック理事長を務める。最近、テレビCMでも話題のトレーニングジムに入会したという佐藤先生。目的はダイエットではなく、2カ月で3〜5kgの筋肉増加。マラソン、ヒルクライム、トライアスロンときて次はムキムキ!? 周囲から「いったい何を目指しているんだ?」と聞かれるのだとか。

≫ 高崎ARTクリニック

 

出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.36 2017 Winter
≫ 掲載記事一覧はこちら

 


おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア