• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   不妊治療の広場   >   その他   >   「このままでは鬱になる!」と転院を決意。辛い経験をした分だけ、今の幸せをかみしめています。

「このままでは鬱になる!」と転院を決意。辛い経験をした分だけ、今の幸せをかみしめています。

神様の導きがなければ、母になることの叶わなかった私の運命。村田先生に出会ったことで年子姉妹の母になり、孤独から大きく一転しました。

 

卵巣年齢の高さから卵が育たず、治療の帰りには毎回号泣していた日々。しかし「自分の限界は自分では決めない!」と、頑張り続けた井上(仮)さんの物語です。

ゴールが見えない辛く苦しいチャレンジに、心身ともにボロボロに

29歳で治療を始めて4年間、人工授精を10回、採卵を7回、移植を4回経験しました。不妊の原因は、卵巣年齢の高さです。薬が効かず卵がたくさん育たないために、幾度も採卵し、奇跡的に数個採れても変性卵や空胞。希望が持てる卵も「受精せず」「多精子受精」…。受精が成功しても胚が育たない。その壁をようやく乗り越えても、着床に至らず生理がくる… そんな厳しい妊活でした。大切な人たちのために頑張らなければ、と考えるほどプレッシャーは大きくなり、「若いから大丈夫」という根拠のない慰めや医師からの屈辱的な言葉に次第に心が閉じてゆきました。子どもがほしくてできない苦しさや身体の不安をわかってほしいのに、不妊外来ですらわかってもらえない悲壮感。やがて妊娠した友人や親戚を避けるようになり、神頼みすらもバカらしく感じるように。今離婚すれば夫はまだやり直せるのでは、という考えまでが頭をかすめ… 治療の帰り道は、いつも運転が危ういほど号泣していました。

転院を決意したのは、「このままでは鬱になってしまう!」という切実な思いから。インターネットで探し、「ARTクリニックみらい」を、そして村田先生を見つけました。『温厚で優しい』、威圧感の対義語があるならば、それが村田先生のイメージです。今まで出会ってきた医師のイメージを覆す存在でした。

 

「赤ちゃんは自分で迎えに行くぞ!」、その気持ちで先生についてゆく

このクリニックでは、看護師さんや助産師さん、培養士さん、そして驚くことに受付の方までみなさんが親切丁寧。笑顔を絶やさずに、「母になる」「家族をつくる」という目標に向かって私の手を優しく握り、ゆっくりしっかりと背中を押してくれました。精神的負担が激減し、毎回診察を楽しみに待つようになり、診察室を出るときには笑いをかみ殺さなくてはならないほど。前が見えないほど号泣しながら車を運転していた私は、アイスを食べて大声で歌いながら運転する私に変わっていました。

「赤ちゃんは親を選んで産まれてくる」。この言葉は私を苦しませましたが、この頃から「運命の赤ちゃんは自分から迎えに行くぞ!そこで待ってて!」という気持ち変わり、閉経で妊活が終わるまで、先生がさじを投げるまで「くじけてもいいけど絶対諦めない!自分の限界は自分では決めない!」をモットーに、ただ黙々と先生を信じて続けていました。そしてこころの安定、高い技術力のおかげで、卵巣年齢45歳以上、妊娠率2%の私にもとうとうその日が…。陽性反応が出たことを電話で報告したとき、母は声にならない声で嗚咽をもらして泣いていました。いつも冷静で興奮しない父は、会社で雄叫びをあげました。

 

待ちわびた分だけ、余計に愛せる、大切にできる

念願の母親になれたにもかかわらず、子育てでは冷静になれず叱ることもあります。産まれたばかりの頃、なかなか寝てくれなくて睡眠不足になったときも、イヤイヤ期も、トイレトレーニングも、たくさん悩むことがありました。しかしそんなとき思うのは、あの時間があったから、待ちわびた時間があったからこそ、簡単に手をあげたりせず、罵声も浴びせず、育児放棄することなく子育てが楽しめているのだということです。辛く苦しい不妊治療ですが、悪いことだらけではありません。痛みを経験した人にしか、苦しむ人の本当の気持ちはわかりません。治療を続けることで、多少のことでは凹まない強靭な精神になっていきます。大きな壁を共に乗り越え、母になるという夢をかなえてくれた夫とは、何でも相談できるパートナーになり、同志になりました。そして二人目も。何年たってもどんなことがあっても、自分自身としっかり向き合った4年間という年月を忘れずに、何がなんでも手に入れたかった『宝』を、これからもずっと大切にしていきたいと思います。

From Doctor 治療を振り返って

ARTクリニックみらい院長 村田泰隆先生

 

井上(仮)さんは、たくさんの悩みを抱えて辛いであろう時でも、明るく振る舞い、前向きでひたむきな方でした。卵巣予備能の数字が低く、採卵しても卵子が採れないときもありました。また子宮頸管が強く曲がっていて移植も難しいタイプでした。正直かなりの強敵で楽観できない対象でしたが、彼女の周りをも元気にしてくれる明るさに、「赤ちゃんは必ず来てくれる」と予感していました。卵巣機能が弱い方は時間との戦いになりますが、それを理解し、結果が出なくても休憩をはさまずチャレンジを続け、さらに複数の胚を保存するまで続けたことが、姉妹誕生につながりました。何とかお子様を、と治療にあたっていましたが、私自身、姉妹誕生までは予感していませんでした。最後は彼女の心の持ちようと執念が幸運を呼び込んだのだと思います。彼女の前向きな姿勢に、当院スタッフの対応が役立っていたと聞いて大変嬉しく思います。

治療の成否はご夫婦の未来に大きな影響を及ぼします。何としても結果を出そう、と全力を尽くしますが、最後は神様の導きでしょうか。辛くて苦しい不妊治療ですが、少しでも負担を軽減し、前向きに取り組んで頂けるよう、スタッフ一同、ご夫婦の話をしっかりと伺い、どんなときも寄り添えるように、と考えています。結果にかかわらず、当院での治療体験が、その後の人生のプラス材料となってほしいと願っています。井上(仮)さんが、クリニックでの体験を糧にして子育てを満喫している姿には、お手伝いをしたものとしてこの上ない喜びを感じます。

 

先生のご紹介

村田 泰隆 先生(ARTクリニックみらい院長)

平成6年名古屋大学医学部卒業。同大学院卒業。安城更生病院、名古屋大学医学部産婦人科にて臨床、研究に従事。IVF大阪クリニック・なんばクリニックにて体外受精症例を豊富に経験し、子宮内膜と胚の協調性に関する世界初の論文を執筆するなどして生殖医療専門医に。その後愛知県三河地区にて、竹内病院トヨタ不妊センター長、エンジェルベルクリニック不妊センター長を歴任。平成28 エンジェルベル不妊センターを移設する形でARTクリニックみらいを開院。生殖医療一筋に、地域に一人でも多くの子宝を授けることを生きがいに日々邁進中。妊娠から出産、ご夫婦の生涯の健康やご家族の幸せな「未来」を見据えての診療を目標としている。生殖医療専門医。産婦人科専門医。医学博士。

 



≫ ARTクリニックみらい

 

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア