• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   不妊治療の広場   >   その他   >   漢方で血流を良くする

漢方で血流を良くする

西洋医学をメインに漢方薬を試すのもひとつ。

石川 弘伸 先生(醍醐渡辺クリニック)

この季節になると気になる体の「冷え」。妊娠にとって「冷え」は良くないのでしょうか。また、西洋医学では「冷え」をどのようにとらえ、対処しているのでしょうか。醍醐渡辺クリニックの石川弘伸先生にお話を伺いました。

西洋医学には「冷え」という概念も病名もない!?

西洋医学には「冷え」という概念はなく、「冷え症」という病名もありません。「冷え」を訴える方の血流を調べても必ずしも異常が出るわけではなく、サーモグラフィーなどで温度低下を示すような症状は非常にまれです。また、動脈が詰まるような血流障害であれば、ほかの専門治療が必要になります。

「お腹が冷えると良くないですか?」と患者様から質問されることがあります。手足は冷えていても、体の深部の体温は常に適温に保たれています。この深部体温が簡単に変動してしまうと、さまざまな器官に影響が及び、体は大変なことになってしまいます。

 

ホルモン、栄養、酸素を運ぶ血流の改善は治療として有効

ホルモン、栄養、酸素を全身に運んでいるのは血液です。もちろん妊娠にも血流が大切であることは間違いありません。子宮の血流が悪くなると、子宮内膜の厚さや受精卵の成長に影響することが考えられます。そのため、体外受精の際や流産経験がある方には、アスピリンを投薬することはあります。これは血液自体をサラサラにして、子宮や受精卵に届く血管を詰まりにくくして血流を良くする作用がありますが、「冷え」の改善につながるものではありません。

 

西洋医学による治療をメインに漢方薬などを試すのも一つ

「冷え」を自覚する人に不妊症が多いというデータはなく、複数のお子さんがいる場合でも冷えでお困りの人はいらっしゃいます。当院では10年以上前から毎月、体外受精の成績を集計していますが、夏と冬を比較すると最初の数年間は冬の成績のほうが良くなっていました。その後、培養環境を見直すことで夏と冬の治療成績は変わらなくなりましたが、このことからも「冷え」が血流や不妊症と直接関連することは考えにくいと思います。患者様には「冷えをあまり気にすることはありませんよ」とお伝えしています。

それでも「冷え」を強く自覚される方には、なんらかの治療が必要です。そこで当院では、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、真武湯、加味逍遙散、当帰芍薬散といった漢方薬をおすすめすることはあります。積極的な提案ではありませんが、運動、漢方、鍼灸、レーザー治療などで血流の改善を試みるのも一つの考え方だと思います。ただ、効果は実証されていませんので、妊娠を希望される方は、あくまでも西洋医学の治療が第一選択になります。

 

Doctor’s Advice

西洋医学には不妊症に直接関連する「冷え」という概念はありません

●不妊と血流において「冷え」の影響は直結しにくい
●ホルモン、栄養、酸素を子宮に運ぶ血流は大切
●西洋医学をメインに漢方などを取り入れるのはOK

西洋医学の治療を優先し、漢方などを取り入れるといいでしょう

 

 


[無料]気軽にご相談ください

 

お話を伺った先生のご紹介

石川 弘伸 先生(醍醐渡辺クリニック)

1991年滋賀医科大学卒業、同大学院修了。泉大津市立病院副医長、水口市民病院産婦人科医長、野洲病院産婦人科部長を経て、2003年より醍醐渡辺クリニック副院長。大学院では生殖医学で着床の分野の研究に携わり、生殖医療の道を志す。大学で2年先輩である同クリニック院長の渡辺浩彦先生との縁で同クリニックへ。A型・射手座。最近気になりだしたお腹まわりを本格的に引き締めるため、時々プールに通っている先生。「学生の頃は1km以上泳いでいましたが、近頃はとてもとても(笑)」。1時間かけて400〜500mを泳ぎ、徐々に距離を伸ばしているそうです。

≫ 醍醐渡辺クリニック

 

 

出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.36 2017 Winter
≫ 掲載記事一覧はこちら

 


おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア