• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   不妊治療の広場   >   漢方・鍼灸   >   西洋医学の治療法に抵抗がある人は中医学の漢方薬を試してみよう

西洋医学の治療法に抵抗がある人は中医学の漢方薬を試してみよう

西洋医学の治療法に抵抗がある人は中医学の漢方薬を試してみよう

更年期障害の症状(のぼせ、ホットフラッシュ)が激しいとき、西洋医学のホルモン補充療法(HRT)は即効性があり、症状が改善する場合があります。更年期で急激にエストロゲンが減ってしまった状態に慣れるまで数年間ホルモン補充をしてあげることでQOLを高めることができます。更年期障害の治療薬はHRTのほかに、精神安定剤・自律神経調整剤など、鎮静剤による処方が行われています。欧米ではHRTが一般的ですが、日本ではそこまで普及はしていません。その理由は、前にもお話ししたように、乳がんなど、ホルモン剤による人体への影響を心配する方が多いためと考えられています。

中医学の補腎薬が注目されているのは、そうした背景があるようです。中医学では、各体質を弁証し、その人に合った処方を施すことで、安全に、症状の改善ができるメリットがあります。

では、具体的にどのような漢方薬が処方されるのでしょう。前に説明した「陽虚」と「陰虚」の漢方薬についてお話しします。

体が冷えてしまいがちな陽虚。虚弱で疲れやだるさも感じやすく、元気が出ないのが特徴です。

更年期の初期は月経周期が長くなりがちで、経血は少量ながらダラダラと続き、 水のようなオリモノや不正出血があったりします。漢方では、続断、兎絲子(としし)や杜仲(とちゅう)、淫羊霍(いんようかく)などの助陽薬で腎の陽の力を強めて対応します。

陽虚におすすめする漢方は、過酷な環境下で育ち、生み出されたマカ・トナカイの角の組み合わせで「精」「気」「血」を補い、 身体を温め代謝を促し、若々しい力を取り戻す馴鹿丹(じゅんろくたん)、散寒効果がある薬草が入っている八味地黄丸(はちみじおうがん)、海馬(タツノオトシゴ)・鹿茸・鹿腎などの動物性生薬が調合された海馬補腎丸(かいまほじんがん)などが効果的です。

陰虚の人は体を潤す水の働きが弱まり、体がカッと熱くなりがち。足や手、顔のほてり、ホットフラッシュ、夜間頻尿や頭部の発汗、目の充血、不眠症などの症状がでてきます。更年期の初期は月経の周期が早くなり、経血の量が少なくなり、色は濃くなります。

このタイプの代表的な処方は腎の気を養う、八味地黄丸からカラダを温める肉桂、附子を取り除いた六味地黄丸(ろくみじおうがん)。この漢方薬には細胞に水分を与え、エネルギーを補う地黄(じおう)、体内の熱を発散させ、月経不順にも効果がある牡丹皮(ぼたんぴ)などが含まれます。さらに、六味地黄丸に激しい虚熱の症状を抑える知母(ちも)や黄拍(おうばく)を加えた処方、知拍地黄丸などが有効です。

また、陰陽両虚の人には陰陽のバランスがいい亀鹿二仙丸(きろくにせんがん)がおすすめです。亀板は陰(血液、骨、肉)を養い、鹿の角は陽(命、精、気)を養います。もちろん、陽虚、陰虚でもそれぞれ陰陽が足りなくなっていますから、亀鹿二仙丸を併せて服用するとより効果的です。

いずれにしても、これらの薬は個人の体質に合わせて調合されます。更年期の症状が気になる、そろそろ予防対策を考える年齢だという人は、一度漢方薬局で専門家に相談してみましょう。

中医学の素晴らしさ

皆さんは中医学をご存知ですか?
漢方薬や鍼灸治療・薬膳・気功など様々なコンテンツがありますね。特に治療に関わる場合、漢方薬と鍼灸のことを指します。日本では別々に治療するケースが多いのですが、本来の治療では組み合わせることがとても重要です。
1+1は2ではありません。中医学では漢方薬と鍼灸治療の組み合わせることで、とても素晴らしい効果を発揮しています。
漢方薬は患部に届いて初めて効果が出ます。だから、弱った臓器の血流を鍼灸で回復させる。
ぜひ、あなたに合った組み合わせ方法を中医学の誠心堂へご相談ください。

株式会社誠心堂薬局代表取締役 西野 裕一先生

株式会社誠心堂薬局代表取締役。 薬剤師・鍼灸師。北里大学薬学部卒。東京医療福祉専門学校鍼灸科卒。中国漢方普及協会会長。日本中医学会評議員。漢方・鍼灸をはじめとする中医学の有用性を啓発・普及させる活動に尽力。著書多数。

≫ 誠心堂薬局

 

<外部サイト>
店舗で相談してみる
誠心堂薬局 http://www.seishin-do.co.jp/rd/

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア