• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   不妊治療の広場   >   IVF   >   正常胚がたった1つ妊娠の可能性が高い移植方法を知りたい!

正常胚がたった1つ妊娠の可能性が高い移植方法を知りたい!

正常胚がたった1つ妊娠の可能性が高い移植方法を知りたい!

臼井 彰 先生(臼井医院不妊治療センター)

SEET法、二段階胚移植、スクラッチング法、エンブリオグルーなど、いくつかの選択肢が。自分に合った、妊娠率が高い移植方法とは? また、そのメリット・デメリットは?

相談者:0121こぐまさん(44歳)

おすすめの移植法を教えてください

現在の年齢は44歳と11カ月です。2人目不妊で移植9回目、陰性続きです。これまでの採卵数は60個ぐらい、胚盤胞が10個ぐらいありましたが、結果は出ませんでした。40歳8カ月で採卵できた正常胚がたった1つあります。その胚盤胞(3BB)を移植するにあたり、妊娠の可能性を最大限にする方法を探しています。私がもつ知識としては、SEET法、二段階移植、スクラッチング法、加えてエンブリオグルーですが、それぞれの有効性を教えてください。そのなかでも、二段階胚移植がいいのでは? と思っていますが、その場合、初期胚が胚盤胞の邪魔をしたり、初期胚により流産になったりする可能性は?

これまでの治療データ

●検査・治療歴:
採卵9回(刺激7回、自然・低刺激2回)。移植9回。

●不妊の原因となる病名:
特になし

●現在の治療方針:
黄体ホルモン、エストロゲン投与

●精子データ:
奇形率が高い(98%?)

 

質問者は現在44歳。第2子を希望していますが、おすすめの治療は?

二段階胚移植ではもう一つ胚が必要ですが、アンケートシートを見る限り「正常胚はたった1つ」とあります。これからまた新たに採卵をされてから、ということも考えられますが、現段階では、できることは限られると思います。

SEET法、二段階胚移植、エンブリオグルー、スクラッチング法について、それぞれ簡単な解説をお願いします。

SEET法、二段階胚移植、スクラッチング法は、それぞれ胚盤胞を戻す前に子宮に刺激を与え、着床の準備を促すというものです。その“刺激”が、SEET法では培養液、二段階胚移植では初期胚、スクラッチング法ではスクラッチ、とそれぞれ異なりますが、考え方としては同じです。

二段階胚移植は、初期胚を移植した後、胚盤胞を時間差をおいて移植するというものですが、多胎妊娠の危険性が高いことから、現在ではあまり一般的には行われなくなりました。妊娠の可能性は高くなるかもしれませんが、戻す胚は原則として1つ、というのが現在のスタンダードです。2つの胚を戻すのですから、もちろん現時点で複数個の胚がなくてはなりません。それに代わるのがSEET法ですが、あらかじめSEET法用の培養液をキープしておく必要があります。スクラッチ法は、子宮内に軽い“引っ搔き傷”をつけるというやり方で子宮内に刺激を与えます。

エンブリオグルーは、ヒアルロン酸などの粘着性のある成分を“グルー(のり)”として、着床効果を高めようと考えられたものです。

0121こぐまさんには培養液の用意がなく、胚も複数個はないので、SEET法も二段階移植も選択不可能ということですか。

もう一度、さらに新たに採卵されるというのなら、二段階胚移植を選択されることも不可能ではないと思います。

しかし、まずは現在通院されているクリニックと、よく話し合うことが必要だと思います。それぞれのクリニックには治療方針があり、取り入れている施術、得意とする方法も違います。「どうしてもこの方法で移植してほしい」と希望されても、治療方針にそぐわない場合は、申し訳ありませんがお断りせざるを得ないこともあります。当クリニックでも、多胎妊娠の危険性の高い二段階胚移植、痛みや炎症をともなうこともあるスクラッチング法、エンブリオグルーも採用していません。クリニックとしても、多くの治療経験を積み重ねたうえで判断し、それぞれ治療方針を決めているのです。そのうえで、担当医も質問者さんにとってベストな治療法を探っていることと思います。

もちろん、「こんな方法もあるが、私にはどうですか」といったご提案やご質問は遠慮なくなさってください。それでも納得がいかなかったとしたら、希望の治療法を求めて転院されるのも選択の一つだと思います。しかし、培養液や培養方法、保管方法などもそれぞれなので、ほかのクリニックで管理されていた培養胚を持って来られたとしても、転院先のクリニックもお困りになるかもしれません。胚の所有者は0121こぐまさんなので、当然のことながらご希望があれば譲渡も可能ですが、クリニック同士の連携がかなり密でないと、難しいことが多いのです。ですので、このようなケースは、当クリニックではお受けしていないのが実情です。

「二段階胚移植に踏み切った場合、初期胚が胚盤胞の邪魔をしたり、初期胚によって流産になる危険性は?」とのご質問も。

ご年齢がほぼ45歳ですから、採卵からしたら妊娠率は約1%です。多胎妊娠を恐れないのであれば、二段階胚移植は物理的に妊娠率が高くなると考えられます。初期胚が胚盤胞の邪魔をするといったことはありませんが、初期胚による流産の可能性については何とも言えません。費用はかかりますが、エンブリオグルーと併用できますので、納得のいく治療法をご希望ならお使いになってもいいと思います。やれることは何でもやってみたい、というお気持ちはよくわかります。ご納得のいくまで検討してみてください。その前に、子宮鏡検査、着床障害、習慣流産の検査もしておいたほうがいいでしょう。

 

【移植の方法】
二段階胚移植とは?
二段階胚移植とは、採卵後2~3日後に初期胚(4~8細胞期胚)を移植し、さらに5~6日後に培養した胚盤胞を移植する方法です。 初期胚移植と胚盤胞移植を同じ周期に2回行うので、二段階胚移植といわれています。1つ目に戻す初期胚はあくまでも子宮内膜に信号を送るためのもので、これにより子宮内膜に着床しやすくなるための準備を促します。しかしながら、初期胚が育つ可能性もあり、多胎妊娠することもあります。

SEET法とは?
まず受精卵を体外で5日間培養し、胚盤胞の状態まで育てます。この受精卵をいったん凍結保存し、この時に受精卵の培養に用いた培養液も別に凍結保存します。この培養液には、受精卵から放出された物質(信号)が含まれています。移植を行う周期に、まずこれを解凍して子宮内に注入します。培養液に含まれている受精卵からの物質により、子宮は刺激を受け、胚を受け入れやすい(着床しやすい)状態になるよう準備を開始します。そして胚培養液を注入した 2~3日後に胚盤胞を1個移植するというものです。

スクラッチング法とは?
スクラッチング法は、胚移植の前に子宮内に器具をそっと挿入することで、子宮内に軽い炎症を惹起させる方法です。最も簡便で安価な方法であり、最近世界中で行われるようになりました。傷をつけることで、傷を修復させようと白血球が集まるなどの作用が期待され、それによって着床も促されるのではないかと考えられています。しかしながら、スクラッチング法がなぜ有効か、いつ、どんな方法で行うのが最適なのかについては、いまだ明らかにされてはいません。

 

臼井先生より まとめ

クリニックによってできる治療が異なるので、確認・相談を。それぞれの治療法には下準備が必要。方針は、治療前に!

 


[無料]気軽にご相談ください

 

お話を伺った先生のご紹介

臼井 彰 先生(臼井医院不妊治療センター)

東邦大学医学部卒業。東邦大学大森病院で久保春海教授の体外受精グループにて研究・診察に従事。医局長を経て、1995年より現在の東京・亀有にて産婦人科医院を開業。自他ともに認める読売ジャイアンツの大ファンの臼井先生。「正月は久しぶりに家族でのんびりと過ごしました。自分自身の新年の目標はありませんが、ジャイアンツにはぜひ今年こそ優勝してもらいたい! 先シーズンのカープの優勝? 日本シリーズも観ていませんよ、悔しくて…(苦笑)」。

≫ 臼井医院不妊治療センター

出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.33 2017 Spring
≫ 掲載記事一覧はこちら

 

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア